104Sound 心に響く音を徹底的に重視 ピュアサウンドを追求しています。

好きな音楽はいい音で聴きたい  レコードの音…気持ち良い…なぜ?…デジタルでは満たされない音の感性

レコード ターンテーブル用カーボン・スタビライザー

104Soundのレコードクリーナーは2008年からの実績があります。
||最新型 LPレコードクリーナーのご注文はこちらです。

【 30年ぶりのベット・ミドラー(Bette Midler)に心が震えた by 絹屋 】

2018-01-28

カーボンスタビライザー Carbon Stabilizar

取引先の絹屋さんに、レコード用カーボン・スタビライザーを聴いていただいた感想です。


30年前くらいに買ったベット・ミドラー(Bette Midler)のレコードを聴きました。

ベット・ミドラー(Bette Midler)のレコード

うちにはデンオンの古いレコードプレイヤー(ターンテーブル)は手元に残してあるのですが、アンプは処分してしまいレコードはずっと聴いていなかったのですと言うより、レコードの事などすっかり忘れていました。


先日、104Soundさんからレコード試聴会のお誘いがあり、何か新製品のオーディオテストを行うとのことで、それならとベット・ミドラーのレコードを持って行ったのです。


レコードを聴くなんて、30年ぶりですよ。

ベット・ミドラーの歌声も30年ぶり   もう忘れたよ


今はCDばっかり、デジタルサウンドばっかりになっちゃったから、アナログ・レコードを聴くのは、ホントに久しぶりなんてもんじゃない。


聴いたよベット・ミドラー
ベット・ミドラーのレコード いい音だ~~っ 
レコードはCDの音と全然違う。  
さらにカーボン・スタビライザーを使うと、レコードの音がレベルアップする   何じゃコリャ



アナログ・レコードの音は奥が深い

艶がある

ボリューム感がある

音のディテールが崩れていないし

聴いていて気持ちよくなってしまい

そして…居眠りでした。  なんで心地よいの?




アナログ・レコードの音は癒しサウンドですね。

居眠りが出るということは、副交感神経が活発になり、リラックスするのでしょうか?

副交感神経が活発になるということは、身体の免疫力がアップすることでもあります。

免疫力がアップするとは、ナチュラルキラー細胞が増えて活性化することでもあり、

つまりナチュラルキラー細胞がガン細胞をドンドン殺してくれる可能性が強くなることでもあります。

健康にも良さそうでしょう!?




デジタルサウンドでは実現できないアナログ・レコードの高品質サウンド

レコードサウンドはスゴイ!

CDのデジタルサウンドにはない高調波などの音のディテールがものすごく良く鳴っていて、これはスゴイね。

104Soundさんのオーディオシステムが高級機で、カーボン・スタビライザーが凄いこともありますが、

レコードサウンドの心地よさに酔ってしまいました。

ほんと~いい音だなあ~~~


デジタルばっかり聴いていると… アナログレコードも聴かないとネ! 感性が鈍るね



104rec15.jpg

最近、デジタル全盛でアナログレコードはマイナーですが…

デジタルの仕組みはサンプリングにより音の情報量が削られているため、原音より雑で荒削りなのです。

言い換えると、

原音より情報量が少ない
原音を抽象化したのがデジタルサウンド
原音を間引いて、それらしくごまかした音
これがデジタルサウンドなんですね。


原音はアナログサウンドです。

アナログ・レコードはそれがないので、原音に忠実なのです。

つまり、ごまかしていない。


それでこんなに音が違うものかと、感激と感動のレコード試聴会でした。


アナログレコードの音の振動が体中に響いてきて、体中の細胞がリラックスしているような、とっても良い気分でした。 

癒しだ~~ リラックス~~ ストレス解消 免疫力アップ!かも




アナログサウンドを知らない子供達  これでいいのか!?

今の子供達はCDやiPodのようなデジタルサウンドしか聞いていないわけで、悲しいことにアナログ・レコードの音を知らないのです。 

アナログレコードのような良い音を聴くと感性も豊かになってくると思うのですが、どうでしょう。

学校で、アナログ・レコードのサウンドを聴くようにしてほしいですね。

アナログ・レコードサウンドは、脳に良いような気がする。

デジタルサウンドのように情報量の少ない、ごまかかしサウンドばかり聴いていると、脳の感性が衰えるような気がしませんか?

脳はものすごい情報処理能力を持っているけれど、情報量を間引いて作ったデジタルサウンドばかり聴いていると、脳の能力も鈍ってくるような気がするのですが、いかがでしょう?



ベット・ミドラー どうもありがとうございました。    またね

絹屋 2008.9.25