104Sound 心に響く音を徹底的に重視 ピュアサウンドを追求しています。

好きな音楽はいい音で聴きたい  レコードの音…気持ち良い…なぜ?…デジタルでは満たされない音の感性

レコード針の汚れ

104Soundのレコードクリーナーは2008年からの実績があります。
||最新型 LPレコードクリーナーのご注文はこちらです。

レコード洗浄は「すすぎ」が一番重要です。

2008-10-27



昨年、レコードショップでクリーニング済みという中古レコードを購入。

盤面は、新品のようにキズ一つなくピカピカでした。

早速に再生したら針はゴミだらけに。

おそらく、洗浄剤をスプレーして拭いただけのクリーニングだったようです。

レコードのゴミ


写真は、他のレコードですがこのように表面にゴミが点在してきました。

これはレコード洗浄での「すすぎ」の重要性を見落としている可能性があります。

レコードを綺麗にするには、どうしても洗浄剤が注視されますが、
最も重要なのは、「すすぎ」で盤からゴミを取り除くことです。
レコード盤面の汚れ

例えば、レコードを丸洗いして「すすぎ」をしなかった場合は、
写真の用に洗剤や残った汚れがスジになってしまいます。

スジの中には、ゴミや汚れが残っていますからノイズの原因になります。
それと盤面全体が汚れた液でのコーティング状態になっています。

このような場合はノイズがなくても、十分なすすぎをすると音がクリアになります。


レコード洗浄したら、針のゴミが増えた。

レコード針 カートリッジ

レコード針のゴミ

こんな経験はありませんか。
クリーニングする前は、針にゴミが付いても少しだったのに
クリーニングしたらゴミの量が大幅に増えてしまった。
クリーナーの糸くずが増える時もあります。

糸くず以外は、先のすすぎの不足が一つの理由です。
もう一つは、洗浄不足もあります。

レコード溝の汚れ

洗浄液の効果で硬い汚が柔らかくなりますが、これが残った場合です。

石など硬い物は洗浄剤に溶けませんが、手あか、カビなどは洗浄剤に溶けます。
溶けると柔らかくなり全体に広がります。
結果、いままで汚れていない場所を汚すことになります。これを逆汚染と言います。

逆汚染は、水を使ったクリ-ニングの宿命です。
このやっかいな逆汚染の除去は多くの水で洗い流すのが最良です。
又はバキュームで吸い取ることで解決します。


レコード洗浄したら、針のゴミが増えた時は、「洗浄&すすぎ」をやり直す事でほとんど解決できます。


レコード丸洗いより簡単作業で同等仕上りのレコードクリーナー