104Sound 心に響く音を徹底的に重視 ピュアサウンドを追求しています。

好きな音楽はいい音で聴きたい  レコードの音…気持ち良い…なぜ?…デジタルでは満たされない音の感性

104rec21.jpg

104Soundのレコードクリーナーは2008年からの実績があります。
||最新型 LPレコードクリーナーのご注文はこちらです。

2018-01-28

デジタルサウンドへの不満


CDを聴いていて、CDの音はちょっと疲れると感じませんか?

CDの音は平べったいような… 原音と違いすぎるような… ショボイと言うか、艶がないような

CDはデジタルだから仕方ないけれど

もうちょっとなんとかならんかと…  

あれこれチャレンジしてみた結果がCD用カーボン・スタビライザーです。

CD用カーボン・スタビライザーを詳しく見るLinkIcon



CDのディスク共振  これがポイントでした。



ジャバジャバジャーンと 波の音には聴こえなかったCDの音が

CD用カーボンスタビライザーでザッザッザーンとリアルな波の音に変わった。



デジタルサウンドは、省略サウンド 抽象サウンド リストラサウンド …これが問題なんです!

デジタルサウンドでよく聞く言葉ですが、「サンプリング周波数」…サンプリングしているのです。つまり間引きですね。


例えば、
100人の合唱団の中から10人減らすと、歌声を聴いてもあまり変化は感じないですが、
90人減らすと迫力がなくなってしまいますね。

10人の歌でもまあ聴けないことはないですが、100人の歌声に比べたら歌声の質というかレベルは落ちますよね。

10人の中に歌の下手な人がいたら、それが目立ってしまいますよね。
10人の中の1人が歌わなかったら、それが目立ってしまいますよね。
10人の中の1人が歌を間違えたら、それが目立ってしまいますよね。
歌を聴いていて、なんだか変だなと感じてしまうでしょう。

これがデジタルのサンプリングとその欠点なんです。

本来は100人の合唱団を10人に人員削減してしまう。
リストラです。間引きです。これがデジタルサウンドのサンプリングなのです。



では、ディスク共振がおきると、どうなるのか?
合唱団に例えると、
本来100人の合唱団を減らして10人で歌っていたら、1人が歌を間違えてしまったり、歌わなかったり、クシャミをしてしまったような状態になってしまうのです。歌が変になってしまうのです。