104Sound 心に響く音を徹底的に重視 ピュアサウンドを追求しています。

好きな音楽はいい音で聴きたい  レコードの音…気持ち良い…なぜ?…デジタルでは満たされない音の感性

レコード針の汚れ

104Soundのレコードクリーナーは2008年からの実績があります。
||最新型 LPレコードクリーナーのご注文はこちらです。

使って便利・簡単・楽々です。
手作りバキュームレコードクリーナー

2008-11-6

基本構造(必要なパーツ)

1、 洗浄液を吸い取るノズル
※吸い取りに時間はかかりますがパイプのままでも使えます

2、 ノズルとタンクを接続するホース

3、 タンク(ホース接続の穴の加工)

4、 吐出(飛散防止を)
※吸引力が弱く、吸水量が少ない時は無しでもOKです。

5、 タンクと掃除機を接続のホース

6、 フロート式の安全バルブ
タンクを転倒させて掃除機を水浸しにした経験から付けました。

7、 ホースと掃除機の接続アタッチメント(吸引調整バルブが便利です)
※テープで止めても使えます

8、 その他
タンク固定用の金具など
ノズル固定用の金具など
掃除機のホース固定用のマジックテープなど

簡単構造のポイント

部品点数や加工を少なくするポイントは、ホースとボトルの接続です。
ボトルの口とホースの口径がピッタリ合うサイズの物で作ることです。
ホースの中は使用中、常にマイナス圧になるため外れ難いので、
外れ止めは無くても使用に差し支えはありません。

ホースとボトルの接続



手作りしたバキュームクリーナー

実際にレコードクリーニングしながら、改良していますので、現在5タイプあります。


初期の物は、安全バルブがありませんのでお勧めしません。
各タイプそれぞれ特徴や欠点がありますので、ご使用目的で参考にして下さい。