2009年2月~4月の話題

20130418

ヤッターマン Yatterman

「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない! ヤッター、ヤッター、ヤッターマン」の1970年代の人気アニメ「ヤッターマン」を実写化した映画「ヤッターマン」が3月7日より全国ロードショー 。

それに先立ってニューヨークで開かれたコミック・コンベンションでワールド・プレミアが行われ、ニューヨークの会場では大喝采だったそうです。

三池崇史監督、ヤッターマン1号櫻井翔、ヤッターマン2号福田沙紀、ドロンジョ深田恭子、ボヤッキー生瀬勝久、トンズラー役ケンドーコバヤシ、海江田博士役に阿部サダヲ

ハリウッド映画の沈下に対して、「おくりびと」がアカデミー賞外国語映画賞を受賞するなど日本映画が米国でも評価と人気を得ていますね。


米国にも日本アニメファンが多いことや、嵐のファンも増えているそうで、インターネットによる文化やコンテンツのボーダーレス化が加速しているようです。


ユーチューブなどで世界中のコンテンツを見ることができるわけで、コンテンツメーカーは、こういうインターネットサービスを最大限に利用して、世界に向けて情報発信したほうがよいでしょう。

ヤッターマンは、悪のスカポンタンどもの手から地球を救うストーリーで、
昨今のサブプライムローン問題等々で積年のボロが出た今の日本や世界情勢にピッタシのムービーでしょう。


「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!」・・・・・・・こういう政治家出ませんかねェ~  

スカポンタンどもの手から、今の日本や世界を救えるのはアンタしかいない! オネガイシマスヨ  ヤッターマンさん!