ディープサイクル・バッテリーとは
オプティマバッテリーショップ OPTIMA Battery 

バッテリーの種類にディープサイクル バッテリーとスターター バッテリーがあります。

オプティマ バッテリー ショップ > ディープサイクル・バッテリーとは

 


ディープサイクル・バッテリー

電動カートや電動車椅子、その他電気装置などに使用する場合、充電器で充電してから放電して空になるまで使うような使用方法があります。

このような使用方法をディープサイクルと言い、それに適したバッテリーをディープサイクル・バッテリーと言います。


車に搭載されているバッテリーの場合、エンジンをスタートした後はオルタネータ(発電器)から常時充電されていて、バッテリー上がりなどの異常な場合以外では、バッテリーが放電しきってしまうことはありません。

このような使い方のバッテリーをスターター・バッテリーと言います。スターター・バッテリーは、エンジンの始動に重点を置いたバッテリーです。


オプティマバッテリでは、イエロートップがディープサイクルバッテリーです。


レッドトップはスタータータイプのバッテリーです。


ブルートップは、ディープサイクルとスタータータイプがあります。 
 


 

ディープサイクル・バッテリーとスタータ・バッテリーの違い

ディープサイクルはスターターに較べて、バッテリーにとって厳しい使用条件なのです。

フル充電から空になるまで使うので、バッテリー内部の極板などへのダメージが大きいのです。

それに耐えるように、ディープサイクル・バッテリーは作られています。

極板自体が充電器からの電流に耐えられ、放電しても劣化しにくいように作られています。



ディープサイクルのバッテリー重量がスターター・バッテリーより重いのはそのためです。

また、ディープサイクルの方がバッテリー容量(Ah)とリザーブキャパシティ(分)が大きい。

ですから、一気に大電流を流す必要のある大パワー・カーオーディオの場合、ディープサイクル・バッテリーであるオプティマ・イエロートップが有利なのです。

スターター・バッテリーはエンジン始動性を重視しているので、コールドクランキングアンプ(CCA)が大きい。

ディープサイクル・バッテリーとスターター・バッテリーとは以上の点が違うわけですが、スタータバッテリーがディープサイクルより劣っていると言う意味ではありません。

それぞれ用途に応じた構造になっているとお考えください。



たとえば、バッテリ上がりしやすい使用条件の場合

最近、クルマに装着する電装品が増えており、またセキュリティー装置を付けたりするので、バッテリー上がりを起こしやすい傾向にあります。

たまにしかクルマに乗らない場合もバッテリ上がりしやすくなります。

バッテリ上がりの場合、バッテリを充電するわけですが、スタータータイプのバッテリは一度バッテリを上げてしまうと、性能が低下してしまいます。

充電してからどの程度使用できるかどうかは、状況次第ですのではっきり言えませんが、もしバッテリ性能が落ちたと感じるようでしたら、早目に交換したほうが安心です。

ディープサイクルバッテリの場合、スタータバッテリに較べて性能低下が少ないのです。

ですから、バッテリ上がりしやすい使用条件でしたら、ディープサイクルがおすすめです。


オプティマバッテリーのご注文はこちら>> 
バッテリあがり対策講座1 
バッテリあがり対策講座2 
・ディープサイクル・バッテリーとは 
オプティマの端子方向(端子タイプ)について 
オプティマ カーオーディオバッテリー教室 
オプティマバッテリー充電方法について 
オプティマバッテリー充電の目安について 
バッテリー寿命を長持ちさせるには 
オプティマバッテリーサイズ性能 
オプティマバッテリー・パワーの秘密 
オプティマの特徴と性能の説明 
オプティマ イエロートップについて 
オプティマ ブルートップについて 
オプティマ専用充電器 
オプティマバッテリー安全上のご注意 
オプティマ・バッテリーショップ OPTIMA 商品一覧 オプティマバッテリショップ 
オプティマ古いバッテリーの回収について 
オプティマのお問い合わせ 
FAX&メール注文 
通販法表記・プライバシーポリシー 
オプティマバッテリーショップご挨拶 
車検専門情報 
自動車関連のリンク 
バッテリー関連の記事ダイジェスト 

 

 

Copyright (C) オプティマ・バッテリーショップ. All Rights Reserved
OPTIMA Batteries