暮らしの雑学ノート >保険見直し ガン保険

 


20130430

 

2008.3.10

雑学ノート

 

 

がんに関する書籍 

HOME 
暮らしの雑学ノート  
健康 癒し 

2008年3月の情報です。
実際の内容が変わっていることもありますのでご了承下さい。

 

保険見直し

 去年はいろいろありまして、妻に乳癌の疑いがあったり、がん保険や疾病保険を見直さなくてはいけないと思いつつ、やっと見直し作業を始めたわけです。

保険はよく分からない… これが正直なところです。

生命保険も大事ですが、やはり病気やケガでの入院が一番心配です。

入院費がどれくらいかかるかとか、保険でいくら出るのかなど、保険の加入状況を整理してじっくり見直しました。

参考になることもあるかと思います。 時間のあるときにでもご覧下さい。

 

ガン保険について

まず、ガン保険の見直しです。

 

ガンになった場合、治療費はいくらかかるのでしょうか?

長期入院や入退院を繰り返したり、長期の通院でいくらくらいかかるのでしょう?

 

うちの親父が胃ガンで手術したときは、入院が約2ヶ月間で、退院時に支払った費用はいくらだったか? 健康保険や、高額医療なんと制度や、高齢者医療なんとか制度があり、実際に支払ったのは確か8万円くらいでした。保険や控除が引かれる前の金額は、数百万円だったと思います。退院後の通院は年一回程度だったので、その通院費用はたいしたことはありませんでした。

私の場合は国民健康保険で、個人的にガン保険や疾病保険に入っていますが、実際にどの程度のガン治療費がかかるのかを知らないと、ガン保険の見直しが始まらないです。

ガン保険に入った30代のときは、とりあえず入っておこう程度の軽い気持ちでしたが、ガン適齢期に入った今、真剣に見直しをしようと思ったわけです。

 

例えばガン治療で入院したとき入院費用がかかるわけですが、その間働けないわけで、収入が減ってしまいます。入院費用の他にも家族の付き添いや病院通いの交通費などがかかるのです。また、仕事を解雇されることも有り得るわけで、いったいどのくらいの出費になり、収入も減るのか予想もつきません。

つまり、ガンで入院や通院する場合、「入院費用+通院費用+諸経費+生活費」 が実質の経費になるわけですね。

 

 

ちょっと話が逸れますが、ガン保険って入ったほうがよいのか?

ガン保険に入って保険料をいくら払うか?総額支払い保険料ですが、これがいくらになるのか?

ガン保険に入らないで、その分を自分でコツコツと貯金しておくのも一つの方法です。

ガン保険に入っても、保険がおりない場合もあるし、ガンにならない事もある。

どっちが得か? このへんの事も冷静に比較して、考えないといけませんね。

貯金でガン治療費用を払えるなら、保険に入る必要ないし貯金しておいたほうが得でしょう。

 

 

なんとなく疑問に感じていること

ガンで入院するときに払わなくてはいけない費用っていくら? 入院保証金をとられますよね。

国民健康保険の場合、3割が自己負担だけど、実際に自分で支払う治療費がいくらなのか?

健康保険の対象外、健康保険がきかない入院&治療費用もある。

保険会社の言う事は鵜呑みにしたくない。保険会社の資料は良く分からないし、不安をあおるように書いてあるような気がする。

抗ガン剤治療などの通院にはいくらかかるのか?

ガン保険に入ったほうがよいのか? 貯金したほうがよいのか?

確定申告のときに、医療費控除にしたほうが得なのか?

入院すると寝巻きのリース代やオムツ代など、健康保険の対象外の出費もある。

健康保険対象外の治療もある。

結局は、入院治療費にいくら必要なのか? 保険料をいくら払うのか? 保険でいくらもらうためにいくら払うのか? これが分からないとガン保険に入る意味が無いんじゃない? つまりリスク予測と投資効果ですね。

 

 

高額療養費 申請を忘れないように

私の場合、国民健康保険に加入していますが、国民健康保険には高額療養費という制度があります。

自己負担、つまり自分で払わなくてはいけない1カ月間の医療費が決められた限度額を超えたとき、国民健康保険が一部を負担してくれるものです。

限度額は所得により違います。 また、差額ベッド代などの支給対象外があります。所得により、約3万5千円、約8万円、約15万円が限度額です。

詳しくは市役所等に聞くとよいです。

 

ここのサイトで概略計算できます。便利です。 健康保険高額療養費計算シート いろいろ医療費を入れて計算してみたら、自分で支払うのは月にだいたい10万円程度で収まるようです。

となると、心配なのはなんでしょう?保険がきかない費用ですね。

忘れていけないのは、通院医療費も無視できないことです。

差額ベッドやいろいろなレンタル料や交通費などなど、よく分かりませんが、自分で払わなくてはいけない費用は、全部入れてだいたい1日1万円くらいお金がかかるのでしょうか?

 

 

となると、ガンでの入院&通院をひっくるめて、1日あたり1万円保障のガン保険がひとつの目安でしょうか?

 

ガンだけでなく、
他の病気やケガもあるわけで、ガン保険に限定しないで、どんな場合でも対応できる保険がよいのですが…

 

例えば、どんぶり勘定ですが、仮定として考えると、

100万円の貯金があれば、入院&通院を合わせて100日間に対応できる。

300万円の貯金があれば、入院&通院を合わせて300日間に対応できる。

だったら、掛け捨ての保険に入るより、貯金したほうがよいのかも?

このへんが、ガン保険勧誘の落とし穴でしょうか? しっかり考えないといけませんね。

 

 

 

 

 

[保険見直し ガン保険]
暮らしの雑学ノート > 保険見直し ガン保険

 

 

Copyright(c) KinuyaHonpo Takahashi. All rights reserved.