zatsugakubanner100.jpg 雑学のーと ビジネスIT updated 2017-05-13  リンクは全ページご自由にどうぞ
 SINCE 2004-1-5

雑学のーと ビジネスIT > 独立起業フランチャイズ > フランチャイズ メリット&デメリット

フランチャイズのメリット&デメリット

 フランチャイズとは、本部(フランチャイザー)がフランチャイジー(加盟店、加盟者)に、販売やサービス等の事業経営について指導や援助を行なうビジネスシステムである。加盟者はその対価として本部にロイヤリティーを支払う。フランチャイズ加盟に際しては加盟金が必要であり、フランチャイズ契約解除により違約金が発生したり、競合する事業を行えないなどの条件がある。

 フランチャイズの本部と加盟店は本店と支店のようにみえるが、独立した事業者である。つまりフランチャイズに加盟して始めた加盟店の事業の経営責任は加盟者が負うわけであるが、事業経営の未経験者にとっては本部がなんとかしてくれると勘違いする加盟者もいるが、そうではないので契約書をしっかり確認しなくてはいけない。

 フランチャイズの加盟者のメリットだが、加盟金やロイヤリティーを支払うことにより、事業経営経験の無い初心者でも経営や仕入れ等のノウハウを指導してもらえる。また本部の商標や称号が使えるので宣伝告知等に何かと有利である。
フランチャイズ加盟者のデメリットというか、場合によっては障害になる事もある。契約解除の規約や本部であるフランチャイザーと競合するような活動制限など、そのような条件に対しては長期的な視野で考えて判断をしなくてはいけない。

 フランチャイザー、フランチャイズの本部のメリットは、ビジネスのノウハウを指導する対価として加盟金やロイヤリティーを得ることであり、その他にも仕入れや商品供給等にまつわる利益を得ることである。
フランチャイズ全体から見れば、加盟店が増えることにより支店が増えたようにも見えるわけで、知名度アップや宣伝広告の効率化などのメリットがあり、ビジネス展開にとって有利になる。

 フランチャイズ加盟者としては、フランチャイズ契約に際してデメリットになるかもしれない要素までも、しっかり検討して判断しなくていけない。そういう意味で契約時には、事業経験者や税理士など数字が読める人を一緒に連れて行き、冷静に判断してもらうほうが良いだろう。