zatsugakubanner100.jpg 雑学のーと ビジネスIT updated 2017-10-30  リンクは全ページご自由にどうぞ
 SINCE 2004-1-5

インターネット通販の送料についてちょっと
通販の送料は微妙な問題で、無料にしたいがソロバンはじくとそういうわけにもいかない・・・きびしい面がある。

 インターネット通販をやっている某店にて、送料の見直しをすることになった。
何年も前に決めた送料規定をずっとつかっていたので、送料を見直すことにしたのだ。



 送料は運送業者さんの送料規定を元にして決めるので、運送業者さんの送料規定に準じればいいのだが、ショップとしてはできるだけお客様に有利なというか、お得感のある低料金の送料設定にしたいという思いもあるわけだ。
そういう心理的な悩みもあり、競合店の送料なども調べつ、なんとか自己満足半分で、送料をきめるのだ。



 しかし、現実はかなりきびしい。
そのショップは関東だが、送り先が関東圏でも送料は500円税別かかる。代金引換にすると、代金引換手数料が300円税別かかる。合計で800円税別だ。
発送の箱代もかかるし、発送伝票を書いたり梱包したりなど発送の手間もかる。
注文金額が千円程度だと、送料は重たいのだ。お客さんにとっても、通販ショップにとっても、送料は重たいのだ。しっかり送料や代金引換手数料、箱代、発送の手間賃などを回収しないと利益なんか吹っ飛んでしまう。
注文金額が千円程度では、利益は数百円程度で、発送の箱代や発送の手間(手数料)を考えると、利益はチョボチョボ程度になってしまう。そうなると送料を貰わないわけにはいかず、発送手数料も欲しいのが本音だ。



といことで、まずネット通販ショップの送料規定の実状をいくつか調べてみた。

2012年5月11日
ありがとうございました。