雑学のーと ビジネスIT > あるネットショップの売上状況分析

あるネットショップの売上状況分析

2011年7月22日

あるネットショップの販売データを入手した。

そのネットショップの商品ジャンルは多種多様で、価格帯もいろいろだ。


その販売データを見ると、どの月もだいたい以下のようだ。

注文1件当たりの売上金額=約1万円前後

注文件数/クリック数=5%~6%程度


3.11震災の影響だろうか? 3月、4月、5月の売上金額が大きい。
4月は高額商品が売れたようで、売上金額が飛び抜けている。

 2011年

 クリック数 注文件数  売上金額(円)  注文件数/クリック数 売上金額/注文件数

 7月

720 36 32万円  5.0%  0.9万円 

 6月

1194   80 83万円   6.7% 1.0万円 

 5月

2305 115 146万円   5.0% 1.3万円 

 4月

2773 166 489万円  6.0% 2.9万円 

 3月

2276 129 186万円  5.7% 1.4万円 

 2月

1762 102 135万円  5.8% 1.3万円 

 1月

1187 66 98万円  5.5% 1.5万円 

7月のデータは7月21日までの途中データ


クリック数を増やせば、注文件数が増えて、売上が増える・・・・・当たり前の事だが、当たり前の結果が出たわけだ。


売上を増やすには、
買う気の無い人のクリック数を増やしても効果は無いが、潜在的にでも購入意欲を持った人のクリックを増やせばいい。



売れる条件  これがポイントだ

・潜在ニーズがある (必要ないモノは売れない)

・潜在ニーズとの接触を増やす (存在さえ知らないモノは売れない)

・知名度を上げる (知らないモノは無いに等しい)

当たり前と言えばあたり前の事で、単純な事なのだが、これが難しいわけだ。



ありがとうございました。