雑学のーと ビジネスIT > インターネット卸サイト 困った出来事

インターネット卸サイト 困った出来事

2011年7月25日

取引先がインターネット卸サイトを利用している。

先日、その卸サイトでサービス変更があり、手数料(取引マージン)や会費(月額管理費用)が値上げになるそうだ。

手数料や会費が上がると、採算が合わなくなってしまう。

取引先と検討した結果、その卸サイトから退会する事にした。


インターネット卸サイトはとても便利で利用価値の高いサービスだ。

しかし、卸販売は少ない利益で数をまとめて販売する場合が殆どなので、販売金額に応じた手数料や会費が高くなると利益が減ってしまい採算がとれなくなってしまう。


インターネット卸サイトとは?
インターネット通販サイトの卸売版だ。インターネット版の卸売市場だ。
仕入れたいバイヤーは入会しないと卸価格を見ることができず、仕入れできない。
当然だが、入会には審査がある。小売業としての実態があるかなど、審査を通らないと仕入れできない。
バイヤーとして入会し審査を通れば、信販会社経由で後払いも利用できる。

卸業者としては、PRの手間が省け告知の効果もあるので利用価値が高い。
そのような利用価値に見合った手数料や会費は喜んで支払ってきたが、利益の採算がとれなくなってしまうと継続はできないのだ。

ギリギリの利益でやっている卸業者にとっては、経費が増えてしまうことは致命傷になる。

ありがとうございました。