雑学のーと ビジネスIT > 代金回収サービスの落とし穴

代金回収サービスの落とし穴

2011年7月28日

取引先が利用しているインターネット卸サイトのメリットの一つとして、代金回収サービスがある。インターネット卸サイトが代金回収サービスも行ってる。

代金回収サービスは、後払いで商品を販売した場合に代金回収代行会社が代金回収を行ってくれるサービスだ。万が一、売掛金が未収金になって相手先の業者から代金回収できない場合、その代金回収代行会社が肩代わりして保証してくれるサービスだ。
売掛金の代金回収はけっこう大変な仕事で、相手が悪質だったり、お金の無いところから代金回収するのは至難の業だ。売掛金を回収作業をするためには手間がかかるし、時間もかかる。交通費だってかかってしまう。精神的にも落ち込む仕事だ。
代金回収サービスは、そんな嫌な仕事を代行してくれる有難いサービスだが。。。。

売掛金の回収は重要な問題で、たまに未収になり回収できないトラブルがある。理由をつけて払わないこともある。相手先が倒産してしまうこともある。

後払いや売掛なんて合理的でないのだが、なんとしても売りたい側としては、譲歩すると言うかサービスとして、わかっちゃいるけど後払いにしてしまうわけだ。それが命取りになってしまう場合が多い。最初は月締め翌月払いでちゃんと支払いがあるが、そのうち支払いが遅れてきて、2ヶ月分、3ヶ月分滞ってしまい、最終的には支払いが無くなり未収金になってしまう。・・・・こういうのがよくある未収金のパターンだ。
金額にもよるが、売掛金を取立てに行く旅費交通費を考えると採算が合わないので、結局は損した側としては泣き寝入りになる。
最初はしっかり支払いするが、取引金額が増えてくると手形決済にしてくれと言ってくる業者もいる。結局、不渡手形となり代金は回収できない・・・・これもよくあるパターンだ。

だいたい、後払いや手形決済にしてくれと言う業者は資金が無い、お金が無いわけで、そういうところとは付き合わないほうがいいのだが、売りたい気持ちが強いと妥協してしまうわけだね。儲けようとスケベ根性を出すと騙されるってことさ。相手の事を考え優しい心で「後払いでいいですよ」という事が多いのだが、その親切が仇となってしまうこともあるのだ。

支払いの基本は、その場で現金支払または代金引換か先払いなのだ。
うちのある取引先は後払いや手形はお断りだ。それにより多少は売上が減るが、トータルで見れば損が減るので得するわけだ。


代金回収サービスも注意だろうね。
代金回収会社が倒産したり、販売代金を払えない、払わない状況が起きることもあるわけで、それなりに信用できる会社でないと不安だろう。
どこがいいのか分からないが、「代金回収サービス」、「B2B決済サービス」などでキーワード検索すると代金回収サービスの情報は得られる。

ありがとうございました。