雑学のーと ビジネスIT > パソコン初心者向け基礎知識

パソコン初心者向け基礎知識 デスクトップPCについて

2011年8月17日

 パソコンはビジネスの必需品、不可欠なツールだ。だから、パソコンの事を知らないと困ることが多い。パソコンの事が分かっていないとパソコン選びにも困ってしまう。知らずにパソコンを買って損する事もある。私もそんな事が何度もあった・・・・・
そんなわけで、デスクトップPCに関するパソコン初心者向け基礎知識をちょっと。。。。パソコンを買うときに役立つだろう。


 さてパソコンの構造についてだが、

まずはCPUをチェック! CPUの選び方について

 パソコンはいくつかのパーツで構成されているが、一番の心臓部はCPU(シーピーユー)・中央演算処理装置だろう。パソコンの中央で演算処理する装置、つまりパソコンの頭脳的存在だ。CPUにはいくつか種類があり性能が違う。CPUの性能によりパソコンの性能がほぼ決まるわけなので、パソコンを買う時にCPUの仕様をチェックしよう。
高性能CPUほど高価である。つまりパソコンの価格も高い。高性能とはだいたい処理スピードが早いことで、サクサクと高速で動作することだ。
高性能パソコンと言っても、必要ない程高性能では意味が無いし、そんなところにお金をかける意味もないわけで、用途に応じたパソコンを選ぶほうが賢明だ。

 現在のところ、インテルのCore i7というCPUが高速だ。
うちのパソコンの1台はCPUはCore i7で、画像処理ソフトのような重いソフトでも快適に動いている。画像処理ソフトは大画像を扱う場合、パソコン性能が低いと処理スピードがガタ落ちしてイライラするのだが、Core i7はそんなこともなく快適に動いている。3Dソフトも少し使っているが、サクサクとスムーズに動いている。他のパソコンより処理スピードは早い。ちなみにうちのCore i7のパソコンはDell Vostro 430 だ。
インターネットでwebを見たり、文書を書いたり、メールをする程度であれば、Core i5Core i3Pentium Dual-CoreCeleron Dual-CoreというCPUで十分だ。

参考までに、PC(パソコン)のCPUがマルチコアで、使用するソフトがマルチスレッド対応であればよりスピードが早くなる。

 以上の話しは現状での事で、技術は日進月歩、進化が素早いので、同じシリーズのCPUでもより高性能タイプで安いモノがドンドン出てくる。だから、あまり高い物を買わないほうが賢いのだ。

ありがとうございました。