雑学のーと ビジネスIT > 契約書は慎重に

契約書は慎重に

2011年11月3日

 取引先の卸元に通販業者さんから見積り依頼があった。新規取引のオファーだ。卸元は見積書を出して価格調整を行い、ほぼ価格が決まったところで、先方から取引規約が提示された。取引に際して取り交わす契約書だ。

 契約書の内容は守るべきことや禁止事項などで、後でゴタゴタしないように事前に書面で決めておくわけだ。この契約書の内容だが、よく読んだら先方の通販業者さんに都合良い事がいくつかあり、その部分は納得できないので署名には至らなかった。

 新規取引をオファーしてくる業者の場合、価格や取引条件がそこそこ合意すると、契約書を提示してくる場合が多い。契約書を取り交わすのは良い事だが、契約書を出してくる場合、契約書の内容を読むと先方に都合良い事がいくつか紛れ込んでいる場合があるので要注意だ。
契約書を交わさなくても紳士的に誠意を持って取り引きしている業者さんはたくさんある。契約書で責任範囲等を書面で明確に規定するのは良い事だが、契約書が無くても善良に対応すれば問題ないのだ。
契約書を利用してズル賢い取り引きに引きこむ悪徳業者もいるので、契約書も内容次第で安心できない。よく読んで判断しないといけない。

 というわけで、契約書はじっくり読んで検討することだ。当たり前だが、急がされても軽々しく署名してはいけない。ちょっと極端だが経験的に言える事は、相手の事情を無視して急いでいます」と言う奴にろくな奴はいない。売りたいという気持ちが強いと、それを利用されて相手のペースに引きずり込まれてしまうので要注意だ。儲けるより損を出さないことを考えて、冷静に判断したほうがいい。

 契約書の受け入れられない部分に関して、卸元では下記のように対応した。
受け入れられない事項に関して、契約書に関する覚書を作って、受け入れられない内容を明確にして、逆に要求事項を明記し、契約書の内容は受け入れられないので、覚書の内容を優先する事と書いて、「覚書案ですが、これでいかがでしょう」と逆提案した。それに対する反応はどうなったか・・・・・それはまたいつか・・・
こうなると先方も気軽に進められないだろう。

 ビジネスはお互いがWin-Winで、双方にメリットが無ければやる価値が無いわけで、一方的に利益を得るようなのはビジネスじゃなくて詐欺だ。

 一般的には、契約書には契約書で規定した事を守らないと損害賠償責任が生じる内容が書いてある。規約違反して被害が生じた場合、損害賠償しなくてはいけない。契約書にはたいてい禁止事項というものがあり、禁止事項を守らないと損害賠償しなくてはいけない、というような内容になっている。
契約書の約束を破るのは良くないが、一方だけが有利になるような内容は要注意だ。曖昧な表現や努力目標のような項目は後々トラブルの原因になるので削除しなくてはいけない。

ありがとうございました。