zatsugakubanner100.jpg 雑学のーと ビジネスIT updated 2017-05-13  リンクは全ページご自由にどうぞ
 SINCE 2004-1-5

雑学のーと ビジネスIT > スマホ激増でアレコレ・・・ライフスタイル激変かも

スマホ激増でアレコレ・・・ライフスタイル激変かも

2012年3月14日

 スマホが激増だとか。スマホ=スマートフォン。iPhone(アイフォン)のような指先でスリスリするのがスマホだ。
スマホ激増でライフスタイルが変わりつつある。かつてウォークマンが流行した時を思い出すのだ。 


 スマホは、ガラケー(従来の普通の携帯電話のこと)より一回り大きく、タッチスクリーンを指先で何やら撫ぜたり、摘んだり、拡げたりするアレだ。
iPad(アイパッド)やiPod(アイポッド)のようなタッチスクリーン操作で、なんとなくカッコイーわけだ。タッチスクリーンは使いやすいし便利で好きだ。


 スマホの小さい画面は見にくい・・・・確かにスマホのあの小さい画面では細かくて見にくい。画面の大きさ∝情報量、つまり情報量は画面の大きさに比例するので、スマホを使っているとストレスが溜まってしまう。
しかし、スマホは激増しているわけで、それには意味があるのだろう。



 スマホはモバイルパソコンだ。電話やメールだけじゃなく、インターネット接続してモバイルパソコンのように使える。モバイルつまり携帯できる、移動できる小型パソコンなのだ。



 テレビよりスマホ・・・・これが最近の若者の傾向だそうで、某ネット企業によると、テレビを見ている時間よりスマホをいじっている時間の方が長いそうだ。

そんな事は当たり前だろう。過酷な労働環境で仕事が忙しく家でのんびりする時間が少なくて、非正規雇用と人件費削減で給料も安くてテレビを買って受信料金を払うのも節約したいとなれば、家賃が安いアパートでは寛ぎの時間なんて味わえないわけで、それならいつでもどこでも使えるスマホの方が使えるし役立つし嬉しいグッズなのだろう。

 スマホなら電話もメールもネットも使える。
スマホがあれば、多少通信料金が高くても、トータルでは安上がりなのだ。
スマホでホームページを見たり、ユーチューブで動画を見たり、ツイッターでつぶやいたり、ブログを書いたりできるわけで、家にブロードバンド回線をひいてプロバイダ契約してインターネットするより安上がりで気軽でいい。


 30年位前にウォークマンが発売されたときにも、同じような事が起きた。それまではホームオーディオ全盛で一家に一台ステレオセットが常識だった。ホームオーディオとは?ステレオとは?・・・・大型のスピーカーとレコードプレイヤーやテープデッキで、、、、こういう言葉を知らないヒトは多いだろうが、家でのんびり大きなスピーカーを鳴らして音楽でも聴きましょうというライフスタイルだったわけだ。

それが、小型のウォークマンが発売されてからライフスタイルが変わってしまった。小型と言っても初代ウォークマンは今のスマホよりかなり重くて大きかったが、家で音楽を聴くより、外出中や歩きながら音楽を聴くようになってしまった。

その結果、ホームオーディオ市場は縮小してしまった。今でもオーディオマニアはいるが、マニアだけの世界になってしまったわけだ。つまり大衆のライフスタイルが変わってしまい、残されたオーディオ好きはオーディオマニアとしてセクト化し、大衆向けのオーディオ市場は縮小した。




 スマホ激増により、オーディオが辿った経緯と同じ状況が起きつつあるように感じるのだ。
家からテレビが消えるかどうか分からないが、テレビを見る人や時間は激減するかもしれない。
そうなるとテレビはマスメディアの価値が無くなってしまう。実際にテレビの広告シェアは金額的に下がりつつあるそうで、テレビを見るのは少数派となり、テレビマニアという言葉が生まれるかもしれない。



 話が飛ぶが、自然界は多様性を確保するように動いているわけで、多種多様なモノが乱雑に絡み合いながらうまく調和して全体の秩序を維持している。単一種だけが栄えたり、増えすぎた画一的なモノは滅びるのがお約束なわけで、それが自然の成行きって事だろう。
マスメディアとかマスプロダクションなんて言葉は消えてしまうのかも。それが自然の成行きかもしれない。

ありがとうございました