zatsugakubanner100.jpg 雑学のーと エレクトロニクスやメカの話題 updated 2018-01-16
雑学のーと エレクトロニクスやメカ > 液晶ポリマーのクランパー

液晶ポリマーのクランパー

20130414

液晶ポリマーのクランパー
 このパーツはディスク(CD)をクランプする物だが、厚みは薄いが常に荷重を受ける使い方で、高精度も要求されるため液晶ポリマーという樹脂を使用している。部分的に滑り性が必要であり、制振効果も必要なために樹脂材料の中から選んだ材料が液晶ポリマーなのだ。液晶ポリマーは寸法精度が良く、経時変化や温度変化が少ない。

 17年間使用したカーCDチェンジャーだが、液晶ポリマー製のクランパーは、劣化や損傷、摩耗の様子が見当たらない。ほぼ新品同様の良い状態だった。

 このカーCDチェンジャーを開発したのは1989年頃で、様々な種類のエンプラ(エンジニアリング プラスチック)が増え始めた時代だった。
エンプラとは、耐熱性や強度などが優れている合成樹脂で、それまでは金属しか使えなかったような部品でも、エンプラの登場により樹脂が使えるようになったのだ。
金属パーツを樹脂にすることで、コストダウンや軽量化になったりもした。機能面でもエンプラは摺動性や防振、衝撃吸収などで金属では得られなかった利点があり、この頃から急激にエンプラのような樹脂パーツが増えていった。

2012年4月6日
ありがとうございました













全国の高速バス予約はこちら
航空券+宿泊 自由自在の組み立て旅行 ANA楽パック


雑学のーと エレクトロニクスやメカの話題 updated 2018-01-16