雑学のーとSINCE 2004-1-5  リンクは全ページご自由にどうぞ  雑学のーと エコ updated 2015-12-22
雑学のーと エコ&健康 > 棟梁のこだわり 健康住宅 自然素材にこだわった住宅 貝殻塗料 シックハウス対策塗料

棟梁のこだわり 健康住宅 自然素材にこだわった住宅

2012年3月9日

 健康住宅とは?

健康を害さない住宅と言う意味?

仕事の関係で訪問した住宅の新築現場で、健康住宅にこだわる棟梁に聴いた話し。

棟梁のこだわりは、自然素材を使った健康住宅だ。

しかし、健康住宅や自然素材に興味を示す施主は多くないのが現実で、更に難しい理論を理解できる方は少なく、なかなか正しい理解を得にくい市場だそうだ。

VOCだとか、ホルムアルデヒド、揮発性有機溶剤とか、シックハウス症候群、化学物質過敏症だとか、室内空気汚染、、、、、そういう単語を知らない施主も多いわけで、そういう方々にいくら説明しても理解を得られないのが現実だそうだ。
そういう訳で、参考にどうぞ。

クリックすると動画再生


 動画の住宅は自然素材を多用している。杉、桐等の国産木材などを使っている。室内の壁面や天井は、杉の腰板や特殊な内装塗料の仕上げだ。内装塗料はホタテ貝殻が原料で揮発性有機溶剤を含まず、シックハウスの原因物質を含んでいないものだ。ホタテ貝殻塗料は吸放湿性や化学物質低減作用などもある。棟梁オススメの一品だ。(ホタテ貝殻塗料の情報
そういう建築現場なので、異臭は刺激臭が殆ど無く気持ち良い室内空気環境だ。建築作業者にとっても安心な空気環境である。


 この住宅に関する棟梁の拘りはいくつかあるが、シックハウス対策と断熱構造が拘りでもある。揮発性有機溶剤を含まない建材を使用し、できるだけ自然素材を使っている。断熱材も棟梁が選んだ実績ある断熱材を使用している。住宅は吸放湿性や透湿性が大事だそうで、そういう条件を満たす建材を使用しているそうだ。


 シックハウス症候群、化学物質過敏症、VOC、ホルムアルデヒド、揮発性有機溶剤などなど、、、、こういうキーワードに関する知識がある方には理解しやすいと思うが、知らない方にはチンプンカンプンだろう。

室内等の建材から発する有機溶剤のガスを吸い続けることで、体調が悪くなるのがシックハウス症候群で、更に悪化すると化学物質過敏症になる。

下記のような症状の方は注意したほうがいいだろう。一般的なアレルギー症状だが、室内にいると症状がひどくなるようならシックハウス症候群を疑ったほうがいい。新築入居後引越し後リフォーム後にそういう症状が出たら要注意だ。建材等に含まれる揮発性有機溶剤等の成分を微量に含んだ空気を吸い続けることで、自律神経が乱れる為に体調不良となるのがシックハウス症候群である。

シックハウス症候群の症状・・・せき、喘息、鼻水、鼻血、鼻づまり、吐き気、目のかゆみ、目がチカチカ、頭痛、集中力低下、耳鳴り、口が渇く、不整脈、下痢、便秘、じんましん、湿疹、肌荒れ、乾燥肌、かゆみ、不整脈、しびれ、こむらがえり など。
シックハウス症候群の参考情報・・・シックハウス症候群に関してはいろいろな書籍が出ている。 シックハウスに関する書籍情報


 自然素材、木の家、通気、換気など、、、こういうキーワードが健康住宅につながるが、技術的な事を理解していないと簡単に騙される世界でもあるので、素人は要注意なのだ。自分で情報収集して賢くなるか信用できる建築業者を探すしか手は無いかもしれない。


 家は安心でき安全な癒しのスペースでなければいけないわけで、健康を害するような家は住む価値が無いのだ。見た目のデザインや間取り、価格だけで家を選ぶのは愚かと言うしか無いだろう。

 話が逸れるが、健康住宅は当然だが、省エネ住宅、断熱住宅は今後の主流になっていくだろう。そういう話題はまたいつか。。。。

ありがとうございました。

雑学ノート





あなただけのオリジナル旅行

格安かつポイントもGETのお得出張ホテル予約

雑学のーと
ビジネスやITなどの話題
エネルギーなどの話題
エコや健康、自然などの話題
エレクトロニクスやメカ、オーディオなどの話題
雑学のーとブログ
初心者向け楽しいオートキャンプ
雑学のーと アーカイブ
今日の話題 アーカイブ