zats01.jpg「自動車」の話題

自動車のカーバッテリー上がり 原因、対策
自動車バッテリーについて
なぜ自動車のバッテリーはあがってしまうのか? 車のバッテリー上がりとは、自動車のバッテリ電圧が低くなってエンジン始動できないことです。
自動車のバッテリは蓄電池で、蓄電池は車が走らないと充電されません。

2007年

カーバッテリあがり 原因と対策は?

カーバッテリー上がりの原因と対策ですが、

自動車のバッテリー充電の仕組みで大事な物は、

自動車の発電機(オルタネーター)とバッテリー、電装品、そしてエンジンです。



自動車のバッテリー上がりの原因は、

・バッテリー自体の故障や寿命が原因の場合もありますが、バッテリー以外の要因もあります。

・エンジン回して、しっかり走らないとバッテリーは充電されないので、バッテリー上がりしやすくなる。

・オルタ(オルタネーター)が故障しているとバッテリーは充電されないので、バッテリーが上がってしまう。

・オルタの配線関係に異常があるとバッテリーは充電されないので、バッテリーが上がってしまう。

・電装品の消費電力が大きいと、バッテリーが上がる原因である。

・電装品が漏電しているとバッテリー上がりの原因になる。


だいたい以上が自動車バッテリー上がりの原因ですが、
かーバッテリー上がり対策はこの辺りを総合的に判断しないといけないわけです。
バッテリー上がりしやすいからバッテリを交換したり、高性能のバッテリーに替えたり、サブバッテリー(バッテリーを追加する)を搭載してみても、バッテリー上がりの原因によっては、状況が変わらない場合もあるわけです。


キャンピングカーなどの場合、電装品が多いのでバッテリー1台では電力が足りないですから、サブバッテリーを搭載して、さらにオルタをパワーアップしたものに交換する場合もあります。

このような場合、電装品の消費電力を計算して、それに応じたバッテリー容量を出し、そのバッテリーを充電できるようなオルタのパワーを決めなくてはいけません。

しかし、自動車のオルタをパワーアップしても、走らなくては充電されないです。

また、自動車のオルタをパワーアップすれば、当然ですが燃費が悪くなります。



バッテリーに異常がなくてもバッテリ上がりは起きる。

なぜバッテリーが上がってしまうのか?

●バッテリー上がりの原因…走行不足

あまり自動車に乗らない。

週一あるいは2週間に一度位しかクルマに乗らない場合、それも近場ドライブ程度でしたら要注意です。

自動車が走ってオルタネータが回り発電し、それでバッテリーが充電されます。

ただし、自動車のエンジン回転数がある程度上がらないと、オルタネータの出力はフルパワーにならない場合もあります。

●バッテリーは自然放電します。

何もせず、電気を使わずに置いておいても、だんだん電気が減ってきます。

クルマの電装品は、使っていなくても少し電気が流れている場合が多いので、少しづつバッテリの電気は減っていきます。

つまり、適度にクルマで走っていないとバッテリは上がりやすくなるわけです。

●バッテリー上がりの原因…電装品の不具合

バッテリーはクルマの発電機(オルタネータ)の電気で充電されます。

オルタネータの故障や配線不良でもバッテリ上がりは起こります。

●バッテリー上がりの原因…電気の使いすぎ

自動車の電装品、テレビ、カーナビ、エアコン、ライト、ワイパー、オーディオなど電装品を使うと電気をくいますが、渋滞やエンジンを止めた状態で電装品を使っていると、あっと言う間にバッテリがあがってしまいます。

ありがとうございました

News 車検


2013/03/25
自動車のカーバッテリー上がり 原因、対策
info >>



バッテリー,バッテリ,カーバッテリー,蓄電池=蓄电池,battery

HOME > バッテリー > 自動車のカーバッテリー上がりの原因と対策
 


 

---

自動車のカーバッテリー上がりの原因と対策 of 雑学のーとS「自動車」の話題
雑学のーと
Since 2004 リンクは全ページご自由にどうぞ 
Last updated 2017-10-30