Bar/Japan

    ~リンクは全ページご自由にどうぞ~

飲食店経営に役立つ情報 > 繁盛するホームページ制作編(飲食店経営ノウハウ)

繁盛店、売上アップ 飲食店経営に役立つ情報

繁盛するホームページ制作について
飲食店向け、繁盛するHPは何が重要か?

20130414

繁盛するホームページ制作について

飲食店向け、繁盛するHPは何が重要か?

2008.3.12

繁盛店になるためのホームページ利用術

飲食店経営のインターネット戦略は?
飲食店開業前に知っておきたいインターネット事情はコレ。



ホームページはいったい誰が見るのか?

そもそもホームページは新規客を増やすのが第一の目的でしょうから、貴店を知らないお客様が貴店のホームページを見る場合が多いのです。
常連さん向けにだけホームページを作る場合は、このページは参考になりませんのでご了承ください。


お客様は何を探しているのか?

まず、どうやってホームページを探すかと言えば、検索(けんさく)です。
ヤフーやグーグルでキーワードを入力して探すわけです。

では、どんなキーワードを入れるのか? 

お客様は貴店を知らないのですから、店名は入れません。 

まず「場所」、そして「店の種類」です。
例えば、「東京 新宿 ショットバー」、こんなキーワードを入れて検索するでしょう。
そして出てきた検索結果を最初から順番に見るわけです。
コレはと、思えばクリックします。


検索結果を見ると、「東京 新宿 ショットバー」と言う言葉が書いていないホームページは出てきません。ここが重要なポイントです。


探してもらいやすくするには?

トップページに「場所」と「店の種類」を書きましょう。

例えば、「東京新宿のショットバー バージャパン」です。

貴店のホームページを初めて見る方は、ほぼ偶然遭遇したような状況ですから、まず何のホームページか、しっかり分かりやすく、お知らせしなくてはいけません。

多くの店のトップページは、デザイン重視で店名と画像だけのページが多いのですが、それでは初めて見た方には何がなんだか分からないのです。

その結果、見るのを止めて他のサイト(ホームページ)へ去って行ってしまいます。


検索エンジンもホームページを見ている

ロボットと言われる検索エンジンシステムが、いろいろなホームページを巡回して、ホームページに書かれている
情報をチェックしています。

チェックして、どんなホームページか、何が書かれているホームページか自動的に判断しています。

つまり検索エンジンもホームページを見ているわけです。

人が見ているだけではない事を覚えておいてください。

検索エンジンは画像を見ません。文字情報しか見ません。

ですから、文字情報がないページは無視されてしまいます。

つまり、トップページには「場所」、「店の種類」を文字で書いておかなければいけません。

何処にある、どんな店か書いておくことが重要です。


<TITLE>タグを使う

HTMLのタグにTITLEタグがあります。

ここに、しっかり書きましょう。 
書く事の例は、「東京新宿のショットバー バージャパン」
"DESCRIPTION" CONTENT="、"KEYWORD" CONTENT="もしっかり書きましょう。