Bar/Japan

    ~リンクは全ページご自由にどうぞ~

飲食店経営に役立つ情報 > チョークアート看板に注目!店舗の看板

繁盛店、売上アップ 飲食店経営に役立つ情報

チョークアート看板が増えています
チョークアート看板が増えています なぜか?
店の看板ですが、これが重要なんです。

20130414

チョークアート看板が増えています

2008.3.10

チョークアート看板が増えています なぜか?

店の看板ですが、これが重要なんです。
なにが重要かと言うとですね、看板が客を呼び込むんですね。

誰でも知らない店に入るのは心配なんですよ。
そこで、どうやって入店してもらうかが重要なんですね。

だいたい、外から店をのぞいたりして、中の様子をうかがって店に入るかどうか迷うんです。
その前に、看板ですね。 看板を見て、おっ いい感じ と思うかどうかなんですね。

看板って重要なんですよ。

看板はセールスマンなんですね。
道端でビラ配るより、ずっといい仕事してくれるんですね。
看板エライですね。


チョークアート看板、知ってますよね。最近、流行ですね。

チョークで黒板に描いた、アレですね。 いい感じで一味違いますよ!

手書きでランチメニューやサービスメニューを書いた黒板を店の前に置いておく看板ですね。これが楽天で売っているチョーク看板です。

ボード(黒板)とスタンド(台、イーゼル、三脚など)を準備して、あとはチョークを使って自分で描きます。

絵を入れるとより効果的! どんな店か分かるような絵を入れるとよいですね。
コーヒーカップの絵を描いたり、パンの絵を描いたりするとよいです。


チョークアート看板の特徴・メリット(良い点、優れている点)は何でしょう?
やっぱり、個性的なことでしょうか。手書きなら他にないですからね。
そして、手書きの暖かさもいいですね。
かた苦しくならない、カジュアル感も気持ちいいですね。


いつも店の宣伝広告をすることが重要なんですね。 なんででしょう?

一般的な話ですが、街の住人の流動は数十%程度なんですね。
つまり、数十%の住人は入れ替わっているわけなんです。転入したり転出しているわけなんです。オフィス街なら転勤もありますね。
だから、いつも店の宣伝広告をしていないと、新しい住人に店を知ってもらうことができないのです。そして客が減っていく……恐いですねえ。

店の看板も変わらなくてはいけない! ワンパターンではいけない!

日常的に必要なものは、シンプルな看板がよいです。例えば、スーパーマーケットやドラッグストアー、ホ
ームセンター、レンタルビデオ店などですね。
趣味傾向の強い店やレストラン、カフェ、居酒屋などは、興味をひくイメージで、メッセージ性の強い看板
がよいです。チョークアート看板に描いたイラストが効果的なんですね。

看板とは関係ないですが、入りやすい店の条件 

入りやすい店 その1 「客が入っている店」
客が入っていない店は入りにくいですよね。これって大事なんです。
店の中を見えるようにしたり、客が入っている演出をしたり…ですね。
盛況感、盛っている感じが大事なんです。
入ったら、客より店員の方が多いなんて、落ち着かないでしょう。

客が入りにくい店 その1「よく分からない店」

看板で告知することがだいじ

チョークアート看板に何を書くのか?
ランチやディナー、カフェタイム、テイクアウト情報、スペシャルメニュー、セール、新製品、イベント、パン
の焼きたてタイム、パーティー、コースメニューなど
店のオススメ情報を書くとよいですね。
看板には、文字だけでなく、絵やイラストを入れましょうね。絵やイラストのインパクトが重要なんです。

看板を変えることもだいじ

たとえば、毎日通る店に看板があったとしましょう。毎日、気にすることもなく、何気なく見ている看板で
すが、その看板の表示が変わったとき気になりますよね。
あれっ、何があるのか? のぞいてみようかと思うでしょう。
だから、看板を書き変えることがだいじなんですね。

看板は店のメッセージ

チョークアート看板は、今日の店のメッセージなんですね。
手描きだから、その暖かさがいいんですね。
看板一つで客の入りが増えることもあります。


看板・チョークアートについて参考本

「魅せる看板儲かる看板」看板、どうあるべきか。客を誘う看板理論が分かります。

「看板ひとつで売上が3倍になる魔法の誘客術」看板を作る前に読んでおきたい。

「はじめてのチョークアート」カフェでよく見るカラフルなブラックボード。自分でも描ける。

Mikikoのチョークアート教室

チョーク看板を探す