エアコンのカビ

eco エコ環境&健康セミナー > カビ講座基礎編 カビの話しです。 > エアコンのカビ退治

 

[前のページ][次のページ]

2002.7.20

 

 

 

 

防菌防カビ塗料 ホタテ貝殻が原料の内装用塗料

 

 

 

 

 

エアコンのカビ

エアコンにカビが?、、

夏のエアコンは、内部に結露が発生しやすく、そこにカビが発生する。

ご覧のように暖かい空気を吸気口から吸い込んで、内部の熱交換器で冷やして吐き出す仕組み。

暖かい空気が急に冷えるので、エアコン内部に結露が起きる。

エアコンを動かしているときはまだ良いが、止めたときに風が止まり結露が発生する。

 

そしてその湿気でカビが生えるわけだ。

エアコンを動かすとそのカビが風と一緒に噴き出して、いやな臭いと共に室内に散らばる。

以上のようなわけで、エアコンのカビ退治が重要なのだ。

 

エアコンのフィルター掃除はお忘れなく。

それからエアコンを始動した時に、数十分間窓を開けて空気を入れ替えることも大事。

夏かぜかと思ったら、カビが原因だったと言う事が最近増えているそうだ。室内に目に見えるようなカビがいなくても、空気中に浮遊していたりする。カビはどこにでもいるので、それ自体は自然なことだが、部屋を閉め切っていたり、知らないうちにカビが増えやすいような環境になってしまっていると、カビが増殖してしまい、人間にとって良くない。



エアコンを動かした時のいやーな臭いは、私も気になっていた。

エアコンの中にもカビが生えやすいらしい。

エアコン内部は結露しやすいので、カビが発生しやすい環境なのだ。

私は、森の芳香剤とか言う製品を買ってエアコンの吸気口に付けたことがあるが、付けた途端にのどがヒリヒリして咳が出た。どうも臭いの刺激が身体に合わないようだ。 芳香剤は香りの好き嫌いもあるし、どうも苦手だ。

特に人工的な薬剤系は使いたくない。

最近、娘の化粧品だかなんだか知らないが、やけにプンプン臭う昔の便所のような香りにも参っている。

過敏症になるから止めろと娘に言っているが、本人はまったく関心なし。命をかけてでもキレイにしたいみたい。そういう女心も分かるけどね。これが環境問題の難しい一面でもある。

やはり学校で小さいうちから環境問題の教育をしていかないといけないでしょ。

 

   

 

[前のページ][次のページ]
  

 

[エアコンのカビ退治]

絹屋本舗
Copyright (C) KINUYA HONPO All rights reserved..