光触媒について 初心者向け解説

eco エコ環境&健康セミナー > 光触媒(ひかりしょくばい)の話し

2006.10.8

 光触媒スプレー「UVカットクリーナー」について(消臭・UVカット)

 

 

 

 

2006年10月の情報です。
実際の内容が変わっていることもありますのでご了承下さい。

 

光触媒、難しい言葉ですね

光触媒って何だ?



光触媒は酸化チタンがポイントで

 酸化チタンと言う白い粉がありまして、元々は化粧品の白粉の原料だったり、白い塗料の原料だったりしたのですが、特殊な性質を持っていることが分かったのです。

 

 酸化チタンに太陽の光を当てると、有機物を分解する性質があるのです。

 

有機物? 何? 例えば、汚れや空気中の汚染物質だと思ってください。

太陽光の中でも紫外線が酸化チタンに当たると、分解作用が発生するわけです。

しかも、その効果は理論的に半永久。(理論的に、です)

 

これが光触媒です。

 

 

光触媒は日本の主力産業になるのか?

 光触媒の研究や実用化では日本はかなり先進国で、21世紀の主力産業の一つになるのではないかと言われています。

 

 最近、光触媒を利用した製品がいろいろ販売されています。

光触媒の効果は、「汚れ分解」、「空気浄化」、「水質浄化」などです。

使い方は簡単で、光触媒の液をスプレーしたり塗っておくだけです。

光触媒の液に酸化チタンが溶けています。

後はあまり手間がいらず、効果の持続性がよいのが特徴です。

効果の持続性は、実際には半永久とはいかない場合が多いのですが、長期間持続するようです。

 

光触媒(ひかりしょくばい)の話し

 

 

絹屋本舗
Copyright(c) KinuyaHonpo Takahashi. All rights reserved.