紫外線について一般常識

eco エコ環境&健康セミナー > 光触媒(ひかりしょくばい)の話し > 紫外線について一般常識

 

[前のページ][次のページ]

2004.6.18

光触媒スプレー「UVカットクリーナー」について(消臭・UVカット)

 

光触媒の書籍

光触媒応用グッズ

 

 

 

2004年6月の情報です。
実際の内容が変わっていることもありますのでご了承下さい。

 

紫外線について一般常識 


紫外線は曇りの日でも結構強い

曇っていても、晴れた日の80%くらいの紫外線強さです。
曇りの日は雲が太陽光を遮断してくれるのですが、ほとんどの紫外線は雲を通過してしまいます。

 

日焼けは身体が紫外線に対して防衛している証拠

日焼け=健康と思っていたのですが、日焼けは身体にとってあまりよくないのです。

 

太陽の光を浴びると健康になる?

昔は、紫外線を浴びるとビタミンDが作られるので健康になると思っていたのですが、最近はどうもそうではないそうで、積極的に日光浴する必要はないそうです。

 

 

紫外線とは?

虹の七色(なないろ)知ってますか?赤, 橙, 黄, 緑, 青, 藍, 紫(せき、とう、こう、りょく、せい、らん、し)と言いますが、これが虹の代表的な色で、人間が見ることができる光の範囲なのです。つまり、可視光(かしこう)、見ることができる光です。

赤は波長が長い(周波数が低い、音で言うなら低音)、紫は波長が短い(周波数が高い、音で言うなら高音)。

ところがこれ以外にも光はある。 

赤よりも波長が長い光もあるし、紫よりも波長が短いのもあるけど、それは人間の目には見えない。

赤より波長が長い光を赤外線(せきがいせん)、赤より場外の光。

紫より波長が短い光を紫外線(しがいせん)、紫より場外の光。

これが紫外線だ。

 

 

[前のページ][次のページ]

 

紫外線について一般常識
eco エコ環境&健康セミナー > 光触媒(ひかりしょくばい)の話し > 紫外線について一般常識

 

絹屋本舗
Copyright(c) KinuyaHonpo Takahashi. All rights reserved.