オプティマ・バッテリー ショップ OPTIMA Batteries
オプティマバッテリーショップ OPTIMA Battery 使用する際の注意

オプティマ バッテリー ショップ > オプティマバッテリー安全上のご注意

バッテリーを安全にご使用いただくために

 

バッテリーをご使用の際には、バッテリーに添付の取扱説明書をよくお読み下さい。その一部を掲載しますので参考にごらんください。

 

 

オプティマ バッテリーは密閉式ですが、過充電いたしますと水素ガスが発生し、取扱いを誤ると引火爆発の恐れがあります。

バッテリの充電は風通しの良い所で行い、ショートやスパークさせないでください。

ブースターケーブルを使用の際には、車両またはバッテリーの取扱い説明書をよくお読みください。

バッテリー液(希硫酸)で失明や火傷をすることがあります。目、皮膚、衣服、物についたときはすぐに多量の水で洗い、飲み込んだときはすぐに多量の飲料水を飲んでください。目に入ったときや飲み込んだときは医師の治療を受けてください。バッテリーを車両装着台に取付後、ケーブルの端子を付ける際は、端子の上面をハンマー等で叩かないでください。

 

バッテリーの電解液は、腐食性の強い化学薬品の希硫酸です。失明、火傷の原因となりますので、取扱い時や点検時には保護メガネ・ゴム手袋を着用のうえ、充分に注意してください。

電解液を皮膚、衣服、目につけたり、飲み込まないでください。

バッテリーは、子供には触れさせないでください。

過充電いたしますとバッテリーからは、水素ガスが発生します。引火爆発の原因となりますので、バッテリーの近くに火気(マッチ、ライター、タバコなどの火、溶接機やグラインダーなどの火花、端子部のスパークなど)を近づけたり発生させたりしないでください。

バッテリーを密閉された環境で使用しないでください。引火爆発の原因となります。

バッテリーはそれぞれの用途にあった使い方をしてください。用途以外で使用すると引火爆発などの原因となります。

 

バッテリーを転倒させたり、衝撃を与えたり分解しないでください。電解液が漏れ、失明や火傷の原因になる恐れがあります。

バッテリーは定格容量以上の電流で使用しないでください。引火爆発の原因になる恐れがあります。

バッテリーを乾いた布などで清掃しないでください。静電気による引火爆発の原因になる恐れがあります。

 

バッテリーを水や海水のかかるような環境で使用しないでください。バッテリーの破損や火災の原因になる恐れがあります。

バッテリーは連続使用では周囲温度マイナス15℃からプラス50℃で、短時間の使用では周囲温度マイナス30℃からプラス60℃としてください。バッテリー内部の凍結、あるいは過熱を起こし破損や変形、液の噴き出しの原因になる恐れがあります。

帯電した身体でバッテリーに触れないでください。引火爆発の原因になる恐れがあります。

 

 

バッテリー開梱前後の取扱いと点検

バッテリーは重量物です。バッテリの持ち運びにはケースの底部または「ストラップ」がある場合は、「ストラップ」の中央部を持ち、丁重に取扱いください。

バッテリ-の「ストラップ」を持ってバッテリーを振り回さないでください。「ストラップ」が外れ、けがの原因になる恐れがあります。

開梱後、バッテリーの外観を点検し、電槽にヒビ、割れ、欠け、変形、異臭がないことを確認してください。異常が認められた状態で使用されますと機器を傷めるほか、漏電し、火災の原因になる恐れがあります。

 

 

バッテリーの取外し、取付け

バッテリーの取扱い方法や危険性を十分理解していない者(子供など)に取外し、取付けをさせないでください。引火爆発や失明、火傷の原因となります。

バッテリーを取付ける際、金属金具などによって(+)と(−)を接触させないでください。ショートの火花により、引火爆発の原因となります。

 

バッテリーの取外し、取付けは必ずエンジンを止め、キーを抜き、ライトなどのスイッチがON(入)の状態では行わないでください。引火爆発の原因になる恐れがあります。

バッテリーを取外す時は必ずアース側、通常は(−)端子から始め、取付けは(+)端子から始め、(+)ケーブルは(+)端子へ、(−)ケーブルは(−)端子へ、絶対に(+)と(−)を間違えて逆接しないようしっかりと取付けてください。引火爆発の原因となります。

バッテリー端子は(+)と(−)を間違わないよう注意し、確実に車両のケーブルに取付けてください。電気回路の故障や配線の焼損、引火爆発の原因となります。

バッテリーの排気孔はふさがないでください。バッテリーを破損させる原因となります。

 

バッテリーは、振動などで動かないよう車両にしっかりと取付けてください。取付が不十分であると、転倒や液漏れの原因になる恐れがあります。

バッテリーは、搭載されているものと同等の電圧(V)、容量(Ah)のものと取替えてください。取替えを誤るとバッテリー内部が破損し、爆発の原因になる恐れがあります。

2個使用のバッテリーは、同一形式、同等の履歴のものと同時に取替えてください。バッテリー破損の原因になる恐れがあります。

バッテリーは、端子位置の異なるものと取替えないでください。接続を誤ると電気機器の損傷や、車両火災の原因になる恐れがあります。

バッテリーに遮断カバーが取付けられている場合は、元どおりに取付けてください。液漏れ、腐食の原因になる恐れがあります。

端子カバーがある場合は、元どおりに取付けてください。

ケーブル端子の取付けは、端子に負担がかからないようにボルト側をスパナなどで固定しながらナット側をしっかりと締付けてください。

 

 

バッテリー取外し前の作業手順

 車両のエンジンを止め、キーを抜き、ドアを閉め、すべての電気負荷が切れた状態にしてください。
※メモリー機能のある電子機器が装備されている車両は、古いバッテリーを取外すとメモリーが消えることがあります。メモリーバックアップのために予備電源を車両回路に接続した場合は、古いバッテリーを外す時に車両側の(+)ケーブル端子を(−)極に接触させないでください。万一メモリーが消えた場合は、再度メモリー入力してください。

 

バッテリー取外し作業手順

1 バッテリーの搭載状態(端子の極性位置)を記録しておいてください。

2 車両側の(−)ケーブル端子のナットを緩め、バッテリーの(−)端子からケーブル端子を外してください。(−がアースの場合)

3 次に車両側の(+)ケーブル端子に被っている端子カバーを外して、端子のナットを緩めてバッテリーの(+)端子からケーブル端子を外してください。

4 バッテリー取付け金具を緩め、バッテリーを水平状態で取外してください。バッテリーは重量物ですから注意して取扱ってください。

 

バッテリー取付け作業手順

1 バッテリー取付け台に異物のないことを確認し、取外したバッテリーの端子極性が同じ位置になるように、新しいバッテリーを取付け台に載せ、取付け金具でガタツキがないように固定してください。

2 車両側の(+)ケーブル端子をバッテリー(+)端子に取付け、緩みがないようナットをしっかり締付けてください。

3 次に車両側の(−)ケーブル端子をバッテリー(−)端子に取り付け、緩みがないようナットをしっかり締付けてください。

4 締付け後、ケーブル端子の金属部に、錆止めにグリースを薄く塗布すると防蝕上効果的です。

5 車両側の(+)ケーブル端子に、端子カバーを元どおり被せてください。

※ケーブル端子が腐蝕している場合は、ワイヤーブラシ、目の細かいサンドペーパーなどで清掃してください。 ケーブル端子の腐蝕や酸化皮膜は目に見えない場合でも、導通不良の原因になる場合がありますので、そのような場合には清掃が有効です。

 

 

ブースターケーブルによるエンジン始動

 ブースターケーブルによるエンジン始動は、ブースターケーブル添付の取扱説明書にしたがい、正しい手順で行ってください。取扱いを誤ると引火爆発の原因となります。

作業の際は、火気を近づけないでください。過充電時、バッテリーから発生する水素ガスに引火爆発する原因となります。

 

ブースターケーブルの取付け、取外し時には、救援車のエンジンを止めてください。ケーブルや衣服などが冷却ファンやベルトに巻き込まれて、けがの原因になる恐れがあります。

最後のクリップは、バッテリーから離れているエンジンブロックに接続してください。スパークが発生し、バッテリーから発生する水素ガスに引火爆発する原因になる恐れがあります。

ケーブル接続時には、バッテリーの(+)端子と(−)端子をケーブルクリップで接触させないでください。バッテリーの爆発の原因になる恐れがあります。

 

ブースターケーブルでエンジンを始動させる場合には、保護メガネを着用してください。

救援車のバッテリーは、故障車と同じ電圧(12V仕様、24V仕様かを確認)で同等容量のバッテリーを使用してください。

ブースターケーブルは、バッテリーの大きさに適したものを使用してください。ケーブル焼損の原因となる恐れがあります。

ブースターケーブルに、焼損および腐蝕などの異常がないことを確認してください。

救援車と故障車の車体を接触させないよう注意してください。

ケーブルクリップは、緩みがないようしっかりと固定してください。

 

ブースターケーブルによるエンジン始動は、事故を誘発する恐れがありますので、できるだけ行わないでください。やむを得ず行う場合はケーブルの取扱説明書にしたがい正しく行ってください。

 

 

バッテリーの寿命について

 バッテリーは、使用中にその容量が徐々に低下し寿命となります。補充電しても性能が回復しないものは寿命です。

 

バッテリの寿命は、次の要因によって短縮されます。

高温(エンジンルーム内の温度、環境温度)

使用頻度(使用が少なすぎても、多すぎても影響を受ける)

充電不足(エアコン、オーディオ、他のアクセサリーなどでの電力の使い過ぎ、ファンベルトの緩み〔ストップ〕、発電機の故障などによる電力供給不足)

過酷な使用(寒冷地での多用、充電不足での使用など)

保守の不備(端子部分の緩みによる接触不良、ランプ類の消し忘れなどによってバッテリー上がりした場合)

過剰な充電(レギュレータの故障、完了時点を過ぎても充電を終了しないなどで充電しすぎた場合)

 

バッテリの寿命末期には次のような兆候が起こります。

スターターモーターの回転音がいつもより低くて弱い。

アクセルの踏み込み加減でヘッドライトの明るさが変わる。

これらの兆候が現れたときは、バッテリーを充電してください。補充電後も兆候がなくならない場合は、バッテリーの交換をお勧めします。

 

 

バッテリーを使用しない場合

車両を長時間使用しない場合は、バッテリーを車両から取外し、補充電をした後、換気の良い、火気のない、子供の手の届かない場所に保管してください。
この場合、定期的に補充電することをお勧めします。

 

使用済バッテリーの取扱い

使用済バッテリーは、子供が触れる場所には保管しないでください。失明、火傷の原因となります。

使用済バッテリーには、金属工具などによりプラスとマイナスを接触させたり、火気を近づけたりしないでください。引火爆発や火災の原因となります。

取外したバッテリーの取扱い

取外したバッテリーには電気エネルギーが残っています。金属工具などで(+)と(−)端子を接触(ショート)させたり、火気を近づけたりしないでください。

 

製品の保管

バッテリーの積載は、荷崩れによる落下、破損の原因になる恐れがあるのでお止めください。

高温、高湿、雨霧や直射日光を受ける場所、有毒ガス液漏れ、粉塵発生、浸水および水没の恐れがある場所には保管しないでください。バッテリーの破損の原因になる恐れがあります。

転倒させたまま保管しないでください。液漏れ、火災の原因になる恐れがあります。

 

 

バッテリー異常時の処置

不良や異常のままでの使用禁止

車両の使用中にバッテリ-から異臭がする時そのまま使用しないでください。火災や爆発の原因になる恐れがあります。使用を中止してください。

バッテリー周辺から液漏れがある場合には、そのまま使用しないでください。車両・機器損傷や漏電による火花で、火災や爆発の原因になる恐れがあります。

バッテリーの外観に異常変形がある場合には、そのまま使用しないでください。破損や液漏れの原因になる恐れがあります。

 

バッテリの電解液による事故時の処置

目に入った場合、直ちに多量の水道水などのきれいな水で洗眼した後、速やかに医師(眼科医)の治療を受けてください。

口に入るか飲み込んだ場合、直ちに飲料水でうがいを繰り返した後、多量の飲料水を飲み、速やかに医師の治療を受けてください。口内の火傷の原因となります。

皮膚・衣服に付着した場合、直ちに多量の水で十分に洗い流した後、さらに石けんで十分に洗ってください。

車両に付着した場合、直ちにウエスなどでふき取った後、水で洗い流してください。

床や地面にこぼれた場合、重炭酸ソーダ(重曹)などを泡がなくなるまで散布した後、多量の水で洗い流してください。

 


 


 

オプティマバッテリショップ 
バッテリあがり対策講座1 
バッテリあがり対策講座2 
ディープサイクル・バッテリーとは 
オプティマの端子方向(端子タイプ)について 
オプティマ カーオーディオバッテリー教室 
オプティマバッテリー充電方法について 
オプティマバッテリー充電の目安について 
バッテリー寿命を長持ちさせるには 
オプティマバッテリーサイズ性能 
オプティマバッテリー・パワーの秘密 
オプティマの特徴と性能の説明 
オプティマ イエロートップについて 
オプティマ ブルートップについて 
オプティマ専用充電器 
オプティマバッテリー安全上のご注意 
車検専門情報 
optima batteries Info 

 

[オプティマバッテリー安全上のご注意]

Copyright (C) オプティマ・バッテリーショップ. All Rights Reserved
OPTIMA Batteries