バッテリーを上げてしまった場合の充電について オプティマ バッテリー
オプティマバッテリーショップ OPTIMA Battery カーバッテリー充電方法 

充電について注意

オプティマ バッテリー ショップ > オプティマバッテリー充電方法について

 

バッテリー充電方法

オプティマバッテリーを上げてしまった場合の充電は、普通のカーバッテリー用充電器(12V用)でも充電できます。

放電度合にもよりますが、充電は約4〜5A程度で10時間程度を目安にしてください。

オプティマ専用充電器もありますが、通常のバッテリ上がり程度でしたら普通の充電器でも大丈夫です。
 
 

 
 

ご注意ください。 充電器によってはバッテリーに充電できない場合もあります。

深く放電してしまった場合(放電量が大きい場合)、例えば、スモールランプを消し忘れたり、長期間乗らない場合、バッテリの放電度合いがかなり大きい場合があります。

そのような状態ですと、パワーの小さい充電器では充電できない場合があります。

充電できるかどうかは、バッテリ性能と充電器の性能によりますので、充電器メーカーにお問い合わせください。


また、バッテリが故障していたり寿命の場合は、まったく充電できないか殆ど充電できません。



充電した後、どのくらいバッテリーを使用できるのか?

これはスタータータイプのバッテリとディープサイクルタイプのバッテリで異なります。

スタータータイプバッテリとディープサイクルバッテリの説明はこちらをご覧ください。

スタータータイプバッテリの場合は、一度バッテリ上がりを起こして充電しても、性能が低下してしまいます。その後どの程度使えるかは状況次第なのですが、もしバッテリ性能が落ちたと感じるようでしたら、早めにバッテリ交換したほうがよいでしょう。バッテリ上がり対策講座もお読みください。

ディープサイクルバッテリは、スタータタイプより性能低下が少ないのです。ディープサイクルバッテリは充放電に適した構造ですので、もしバッテリ上がりしやすい使用条件であったり、充放電を繰り返す使い方でしたら、ディープサイクルバッテリを使用するべきです。
 
 
 

救護車からのエンジン始動 (バッテリー上りの場合)

出先でバッテリ上がりの場合、救護車から電源をつないでエンジンスタートする場合の注意です。

救護車のエンジンをスタートして、エンジン回転数を上げます。通常はだいたい1500rpm以上にします。この条件は車種や状況により異なります。

オルタネーター(発電機)の出力をフルにしておくためです。アイドリングではオルタ(オルタネーター)の出力は最大ではないのです。

バッテリ上がりの放電度合いが大きい場合、あるいはバッテリが故障している場合、救護車からの電力供給では足りずに、エンジン始動できない場合もあります。こんなときはJAFを呼びましょう。


 

オプティマ バッテリー の急速充電はお止めください。

短時間に大電流を流して充電する急速充電は、バッテリにダメージがあるのでお止め下さい。

 

 

どこでバッテリーを充電してくれるのか?

自動車の電装品店と言う店があります。エアコンやカーオーディオ、カーナビなどの取り付けや修理をしてくれる、自動車の電気装置専門店です。このような店に相談してみるとよいです。 
参考 : 「電装品整備」で検索すると情報が見つかると思います。

 

理想的なバッテリー充電について

オプティマに限ったことではありませんが、最近の高性能バッテリーの場合、そのバッテリー特性に合った充電方法を行わないと、フルに充電できない場合があります。
一般的には各社バッテリー専用の充電器があり、その充電器を使って充電したほうがよろしいです。
特にディープサイクル・バッテリーの場合、フル充電するためには専用充電器の使用をおすすめします。
但し、放電度合いが大きい場合には対応できない場合がります。
 

バッテリあがり対策講座1 
バッテリあがり対策講座2 
ディープサイクル・バッテリーとは 
オプティマの端子方向(端子タイプ)について 
オプティマ カーオーディオバッテリー教室 
・オプティマバッテリー充電方法について 
オプティマバッテリー充電の目安について 
バッテリー寿命を長持ちさせるには 
オプティマバッテリーサイズ性能 
オプティマバッテリー・パワーの秘密 
オプティマの特徴と性能の説明 
オプティマ イエロートップについて 
オプティマ ブルートップについて 
オプティマ専用充電器 
オプティマバッテリー安全上のご注意 
車検専門情報 
optima batteries Info 

 

[オプティマバッテリー充電方法について]

 

Copyright (C) オプティマ・バッテリーショップ. All Rights Reserved
OPTIMA Batteries