オプティマ・バッテリー ショップ OPTIMA Batteries
オプティマバッテリーショップ OPTIMA Batteryカーバッテリーを長持ちさせる方法

オプティマ バッテリー ショップ > バッテリー寿命を長持ちさせるには

 

バッテリーの寿命を長持ちさせるには

 

 結論を先に… 

バッテリー寿命を長持ちさせるには

 

バッテリーを上げない。

放電しすぎない。

放電したまま長時間放置しない。

 

オプティマバッテリーのようなカーバッテリーなど全般に関してですが、バッテリー寿命が短くなる要因はいろいろあり、とりあえず上記が寿命を長持ちさせるポイントです。

 

 

バッテリーの寿命を短くする要因はなにか?

バッテリーの寿命は何で決まるのでしょう?

バッテリー寿命の要因はいくつかありますが、

バッテリー内部の電極の劣化が一番の原因です。

 

 

バッテリーの電極が劣化?

バッテリーは、放電を繰り返すとバッテリーの電極が劣化していきます。つまりバッテリーの性能が低下していくわけです。

バッテリ内部の電極が放電によりサルフェーションを起こし、このサルフェーションがだんだん増えていくと充電できない状態になってしまいます。これがバッテリーの寿命です。

サルフェーションは、放電度合いが大きいほど発生しやすく、放電したまま放置しておくと発生しやすいのです。

 

 

サルフェーションとは、

放電時にバッテリ電極に硫酸鉛の結晶ができることでして、これができますと、電流が徐々に流れにくくなっていきます。

放電を繰り返すとサルフェーションが徐々に増えて劣化していきますが、放電した状態で長期間放置した場合や、大きな放電を何度も繰り返した場合にはサルフェーションが進行しやすくなります。

長期間放置するとサルフェーションが結晶化してしまい、充電しても元に戻りにくくなってしまいます。

このサルフェーションが増えていくと充電できない状態になりまして、これがバッテリの寿命になります。

 

 

サルフェーションが起きてしまったら…

サルフェーションにより充電できない状態ですと、状況によりますが、オプティマの場合はNBC10-50では充電できない場合があります。特殊な充電器で回復できる場合もありまして、電装品店(自動車電装品専門の整備工場)等で回復できる場合があります。

サルフェーションにより充電できなくなったら寿命と考えるのが一般的ですが、上記のように回復できる場合もあります。

サルフェーションは、使用期間が短くても使用条件によっては発生しやすくなるわけでして、大きく放電させたり、放電したまま放置すると寿命が極端に短くなってしまう場合があるのです。

 

 

サブバッテリーの放電度合いについて

サブバッテリーとして使う場合、エンジンスターター用として使う場合よりも大きく放電してしまう場合が多いです。

では、いったいどの程度まで放電してよいのでしょうか?詳しくはこちらをご覧下さい。

 

オプティマバッテリショップ 
バッテリあがり対策講座1 
バッテリあがり対策講座2 
ディープサイクル・バッテリーとは 
オプティマの端子方向(端子タイプ)について 
オプティマ カーオーディオバッテリー教室 
オプティマバッテリー充電方法について 
オプティマバッテリー充電の目安について 
バッテリー寿命を長持ちさせるには 
オプティマバッテリーサイズ性能 
オプティマバッテリー・パワーの秘密 
オプティマの特徴と性能の説明 
オプティマ イエロートップについて 
オプティマ ブルートップについて 
オプティマ専用充電器 
オプティマバッテリー安全上のご注意 
車検専門情報 
optima batteries Info 

 

[バッテリー寿命を長持ちさせるには]

 

Copyright (C) オプティマ・バッテリーショップ. All Rights Reserved
OPTIMA Batteries