zatugakunote1.jpg 

夏でも加湿器が必要なわけは?

夏とエアコンと湿度の関係


 


 20130404

なぜ夏でも加湿器は必要なのか? 

2005.1.15

 夏、エアコンをかけていると湿度が下がります。

肌がカサカサになったり、ノドが乾いてヒリヒリするでしょう?

夜、エアコンをかけて寝ると、室内の空気が乾燥してノドが痛くなることがあるでしょう。

そんなときには、やはり加湿器が必要です。

肌の潤いにも適度な湿度が必要です。


 夏に加湿器だなんて、そうでなくても湿気が多い夏なのに、なんで加湿器を使うのか? 疑問もあるでしょう。


 最近、住宅事情が良くなり、家の断熱性向上やエアコンの普及により、夏でも涼しい室内なのですが、エアコンにより室内の湿度が下がります。

 

特に、高層マンションや高層オフィスビルでは地上よりも湿度が少ない場合が多いのです。

湿度が低いと言うことは、サッパリしていてよいのですが、呼吸器の粘膜や肌にとってはきびしい面もあり、粘膜の乾燥や肌の乾燥が起きてしまいます。

粘膜や肌が乾燥しすぎることは、人間の身体にとってあまり良い事ではなく、潤いのある状態が理想的です。

 

そのような乾燥防止のために加湿器を使用するとよいのですが、湿度が上がりすぎると、結露してしまいその水滴によりカビが生えやすくなるので要注意です。


 

適度に自然な湿度がよいのですが、通常の加湿器ですと、どんどん加湿しすぎて、結露やカビの原因になる場合があります。


適度な加湿をしてくれるのが、最近増えてきた気化式加湿器です。


気化式加湿器は、湿度が低いときは加湿し、湿度が高いと加湿しない仕組みです。

 

どうもありがとうございました。

 

 

 

加湿器用除菌剤

「加湿器スッキリ!」

● 加湿器の中のタンクや給水管等に繁殖しやすい雑菌を除菌します。ヨウ素で除菌!

● 加湿器を使用中のイヤなニオイが気になる方にもお勧めです。

 

 

  

 

2005年1月の情報です。
実際の内容が変わっていることもありますのでご了承下さい。

 

[夏でも加湿器は必要なわけ]

 

 

 

 

 

 

 

手荒れ予防は感染予防にも
皮膚保護バリアクリーム:手荒れ肌荒れ防止、刺激物から皮膚を保護病院でも手荒れ防止用品として使われています。

 

湿度調整にスグレモノ加湿器があります。
これが気化式の優れポイント!気化式加湿器などいろいろ情報

 

カビとれ〜る 有用微生物利用・人と環境にやさしい 

雑学のーと
Copyright(c) KinuyaHonpo Takahashi. All rights reserved.