意外に知らない部屋の湿度とインフルエンザの関係 (インフルエンザ予防)

20130409


 


雑学のーと > 健康 癒し > 意外に知らない湿度とインフルエンザの関係

室内の空気が乾燥するとインフルエンザにかかりやすくなると言う事実。インフルエンザ予防、冬は空気が乾燥し暖房で湿度が下がるので、室内空気の乾燥を防ぐために加湿器が有効です。2005.1.15

 

雑学ノート

 

湿度・加湿器とインフルエンザの関係 

 

調湿がだいじ!インフルエンザ予防にも 過乾燥は健康によくない

 住宅の調湿つまり湿度の調整を考えるセミナーと言うものがありまして、調湿とは室内の湿度を調整することで、調整と言っても除湿ではなく、乾燥する冬場に加湿つまり湿気を増やす、湿度をキープすることなのです。


室内の湿度と人間の健康は密接な関係があり、湿度が高いと不快だし、乾燥しすぎて湿度が減るとこれまた良くない。


 最近の住宅やビルなどの建築は、冬になると室内の湿度が下がってしまい、乾燥状態になりやすいのです。これを過乾燥(かかんそう、乾燥しすぎのこと)と言うそうで、なんでそうなるのか?と言えば、全て建材、建築材料の影響だそうです。


見栄えをよくしたり、施工を簡単にしてコストダウンするために、合成樹脂等が使われる建材が多くなってきて、その結果建材自体の水分を蓄える能力が低下したためだそうです。


 

ある程度、湿度が下がると、インフルエンザのような空中に浮遊しているウイルスが元気になるそうです。


何年か前にどこかの老人ホームで、冬にインフルエンザが院内で流行し、何人かの方がインフルエンザのウイルスの犠牲になったニュースがありましたが、覚えているでしょうか?

その時の調査では、そのホームの湿度が下がり過ぎた過乾燥状態だったのです。

つまり暖房しているために、湿度が低すぎてインフルエンザウイルスが増殖してしまったと言うことらしい。

 

このように、

インフルエンザ予防には、湿度を管理することも重要なのです。

 

 湿度を管理するには加湿器を使いますが、加湿器にもいろいろあります。

加湿器で加湿しすぎると、結露つまり水滴ができやすくなり、その水分がカビの原因になってしまうので、やたら加湿すればよいと言うわけではないのです。

加湿しすぎ、つまり過加湿しにくい加湿器があります。

気化式加湿器と言うタイプで、最近ではこの気化式が増えつつあります。 気化式加湿器などの情報

ヒーター・スチーム式や超音波式などと気化式が合体したハイブリッド方式の加湿器もあります。

どうもありがとうございました。
 



  

 

 

2009.1.19
東京・町田の病院でインフルエンザ集団感染だそうです。
ニュース見ましたか?
病院内の湿度が15%しかなかったそうです。15%ですよ。乾燥機並みですね。加湿器を設置していなかったのでしょうか?
暖房を入れておくと空気が乾燥するので、加湿器の設置は必須です。空気が乾燥して湿度が下がるとインフルエンザに感染しやすくなりますが、低湿度がインフルエンザ集団感染に影響していたのでしょうか?

インフルエンザ予防として、人が集まる施設には加湿器とウイルスを殺す空気清浄機を設置しておくほうがよいでしょう。

 

手荒れ予防は感染予防にも
皮膚保護バリアクリーム:手荒れ肌荒れ防止、刺激物から皮膚を保護病院でも手荒れ防止用品として使われています。

湿度調整にスグレモノ加湿器があります。
これが気化式の優れポイント!気化式加湿器などいろいろ情報

 

 

[意外に知らない湿度とインフルエンザの関係]

 

雑学のーと

Copyright(c) KinuyaHonpo Takahashi. All rights reserved.