雑学ノート
HOME > 手作り石けん 作り方

手作り石鹸(石けん) 作り方

2011年7月13日


さて、手作り石けんだが、うちではもう何年も前から風呂掃除や台所掃除や食器洗いに手作り石鹸を作って使っている。

手作り石けんは、天ぷら油の廃油リサイクルなんだ。 ちょっとエコライフだ。

ちょっと作業すれば、天ぷら油の廃油から石けんが作れる。

手作り石けんは、一般的には苛性ソーダを使って作るが、苛性ソーダは危険なので取り扱いには注意が必要だ。




これから説明する「手作り石けんの作り方」は、苛性ソーダを使わない簡単で安心な方法だ。

だから、台所でも作業できる。

手作り石けん 作り方
天ぷら油(サラダ油)の廃油をミキサーに入れる。

廃油は、植物油の食用油を使用する。

最近は添加物が入っている天ぷら油も多いが、添加物が入っているとうまく石けんができないこともある。ラードも難しいね。機械油はダメ。

「ミキサーで作る手作り石けんの素」を入れる。
手作り石鹸の素を入れる
「ミキサーで作る手作り石けんの素」・・・これがポイントだ。
K社長考案の手作り石けんの素は、苛性ソーダを使わないで手作り石けんを作れる。
だから、室内でも作業できるわけだ。

それから、水を入れる。

そして、ミキサーを回してよく攪拌して混ぜる。

こんなかんじで出来上がり。
ミキサーで作る手作り石鹸

牛乳パックに入れて、約24時間放置しておく。
手作り石けん

すると、ほぼ固まる。柔らかいチーズのような触感だ。
手作り石けんをカットする

包丁でカットする。



使いやすい大きさにカットする。
カットした手作り石けん
あまり厚いと熟成しにくいので厚さは1cm程度がいい。
手作り石けんを切る
好きな大きさに、使いやすい大きさにカットする。

カットしたら、放置して熟成させる。
手作り石けん 熟成
熟成といっても、室内へ置いておくだけだ。

だいたい2週間程度で水分が抜けて硬くなる。
硬さは指で強く押せばちょっと凹む程度。


これで出来上がり。


火を使わないので安心だ。

ホットケーキを焼くより簡単かもしれない。


「ミキサーで作る手作り石けんの素」についてはこちら




ペットボトルに入れて振って混ぜて作るタイプもある。

こんなふうに、ペットボトルを振って石けんを作る。





手作り石けんは意外に汚れ落ちが良くて、換気扇の油汚れ掃除に使うとかなり満足なのだ。

バカにできない手作り石けん。



ありがとうございました。


雑学ノート

雑学のーと
ビジネスやITなどの話題
エネルギーなどの話題
エコや健康、自然などの話題
エレクトロニクスやメカ、オーディオなどの話題
雑学のーとブログ
初心者向け楽しいオートキャンプ
雑学のーと アーカイブ
今日の話題 アーカイブ